X-BLOG

The most certain way to succeed is always to try just one more time. --Thomas Edison

2006-11-17

帰国しました

こんにちは、Xです。

訳あって、予定より1日滞在を延長して帰ってきました。その訳は後述するとして‥。

いやあ、すっかり仕事も相場も忘れて、脳みそツルツルになりました(笑)ハワイは何度行っても良いですね。日本人のハワイ好きは正しい、と断言できます。刺激も癒しも両方満たされる島、それがハワイなのでしょう。

まずホノルル空港に着いて、タクシーに乗り、滞在するホテルへ。


別名ピンクパレスのロイヤルハワイアン

車寄せに着くと、レイを持った美女が近づいてきて、首にかけてもらって「アロハ?」です。もうすっかりハワイモードに入りましたね(笑)チェックインのためレセプションに行くと、
「Welcome back, Mr.X」
ご存知の通り、お伊達にメッポウ弱いXとしては当然の如く、
「I'm home.」
です(笑)サインを済ませると、
「Mr.X is our V.I.P. , special room for you.」
「Thank you! Can I use my room now?」
午前中の到着便だったので、アーリーチェックインが可能か、聞いてみました。
「of course!」
ハワイ版の中尾彬みたいな渋いオヤジは、そう言ってニヤニヤしてます。おお、これが噂に聞くアップグレードちゅうやつかあ?!部屋に案内されると、ん?アップグレードしてない‥。と思った瞬間、部屋がたくさんの花でデコレートされているではないですか!何だかいい香りもしています。アロマもたいてありました。妻は一瞬私がオーダーしたものと勘違いしたようですが‥。違います(汗)

と、まあこんな嬉しいサプライズでハワイ滞在は始まりました。妻はさっそくホテルのガーデンにあるスパへ『ロミロミ(ハワイのマッサージ)』をしてもらいに行きました。私はまずはホテルの目の前にあるビーチです。


ホテル前のビーチ

一応、プライベートビーチとなっていますので、さほど人は多くなく快適でした。軽い準備体操をして、ゴーグルを付け、海へダイブです。11月という季節を忘れさせる、まさに常夏の海でした。ジャブジャブと泳いで、2時間ほど寝そべったり泳いだり。部屋に戻ると妻がスパから戻ってきていて、ご機嫌でした。


夕陽も綺麗でした

ハワイでの食事ですが、朝食はホテル内のサーフルーム、昼食はハンバーガー(これには妻も閉口してました)、夕食はリッチにレストランで中華、イタリアン、ステーキハウス、コリアン料理‥と日替わりに楽しみました。特に、ハワイに来ると必ず行く中華料理店のペッパークラブ(丸ごと蟹の塩コショウ炒め)が相変わらず絶品でした。もうしゃぶりついちゃいました。夜は涼しいので、ショッピングや散歩に最高です。私は特に買い物はしなかったのですが、妻がバッグ、帽子、靴、石鹸、アロマオイルなどを買い込んでましたね。


夜のロイヤルハワイアン

その他は、天国の海(ラニカイ)へ行ったり、妻とゴルフをしたりしました。予定していた乗馬は、妻が嫌だと言い出して中止(涙)


まさにこのビーチは天国です

楽しい時間はあっという間に過ぎていくもの。帰国前日の午後に、例の中尾彬(笑)が部屋にやってきました。
「Mr.X, Won't you stay a little more here?」
みたいなことを聞いてきたので、
「Thank you, but good enough.」
と答えると、
「We've no vacancy, but our neighbor has a excellent room for you.」

な、なにぃ?!隣にエクセレントな部屋があるだとお?隣と言えばサーフライダーか、シェラトンワイキキか?詳しく聞いてみると、私たちのためにシェラトンにスイートを1泊確保していたらしい。うー、これはアップグレードより嬉しいサプライズ。しかし帰りの航空券は取っているし、困った。そのときに思い出したのが、

「旅のわがまま叶えます」

というアメックスの昔のCM。中尾彬を一旦帰して、アメックスのオーバーシーズアシストに電話。さすがアメックス、海外には強い。少し時間はかかったものの、航空券を取り直してくれました。ところで、なぜロイヤルハワイアンがシェラトンワイキキの部屋を、というと、知っている人もいると思いますが、同じシェラトングループなんですね。しかも私は、スターウッドプリファードゲストなので、融通をきかせてくれたと思われます。

シェラトンへは、好きな時間に来てよいと言われていたので、翌日朝食を済ませて、中尾彬にお礼を言ってチェックアウトをするとリムジンがお出迎え。冗談でしょう?隣だし、歩いて1分かかるかどうか、です。しかし乗れ乗れとうるさいので、乗り込んで、とたんにシェラトンの車寄せに到着(笑)妻と爆笑しました。チップは迷いましたが、とりあえず5ドル。

レセプションで予約の確認をすると、担当の女性は、
「Only one day??」
とかなり訝しげな表情でした。こんなリゾート地にきて一泊かよっ!ってところでしょう。彼女はきっと経緯を知らないでしょうし、私も説明する必要もないと思ったので
「Yes.」
とだけ答えてチェックイン。部屋はラージスイートでとっても広かったです。思わず側転してしまったくらい(事実)。


シェラトンワイキキからの眺め

高層階ではなかったのですが、良い眺めでした。その日はビーチには行かず、ホテルのプールで遊び、食事やお酒はルームサービスをバンバン頼んで豪遊しちゃいました。思いがけない最終日だしね、と妻も財布がゆるんだか。


夜景が最高に綺麗でした

最後の夜は、妻と色々な話をしたり、仲良しをしたり(笑)、結局徹夜してしまいました!飛行機は退屈だから寝てしまうのが丁度いい。翌朝は日の出を見ました。


夜明け前 神秘的でした

翌朝チェックアウトで、更なるサプライズが!!

レセプションは偶然にも同じ女性でした。何か言われるかなあ、と思いましたが、なにやら手元の紙を見て、またまた訝しげな表情。すると彼女は一旦その場を離れ、他のフロントマンと我々を見ながらひそひそ話。戻ってくると、「No charge, Thank you.」とだけ言いました。これには私も驚いて「Why?」と聞きましたが、「I don't know.」

やってくれるじゃないかあ、中尾彬(笑)。ルームチャージだけで恐らくは1000ドルくらい?ルームサービスも派手に頼んで、500ドル分くらいはサインしているのに。誰が負担したのだろう?まさか中尾彬のポケットマネーじゃあるまいし‥。せっかくなので、早々に立ち去りました(笑)。


すっかりハワイ版の中尾彬は私の心の友となりました。また来ますよ、必ず。今回のハワイ旅行は今までで最高でした。ミーハーと言われようとも、やっぱりハワイは良いです。夏を避けて今くらいの季節が狙い目かも知れません。是非皆さんにもお奨めします!

3 Comments:

  • At 11/18/2006 12:23:00 AM, Anonymous 作戦計画 さんのコメント…

    xさん、お帰りなさーい (^O^)/

    ハワイはずいぶん楽しかったご様子。いいなぁ
    今年は行けそうにないけど、私も来年あたり行ってみたいなぁ



    xさんが日本を離れている間、東理は下がる、日軽金は下がる、井上も下がる・・・
    良いことなし。

    東理は41円で脱走しました。
    日軽金は含み損拡大中。
    井上も含み損に転落。
    日新製鋼のみ孤軍奮闘。

     
  • At 11/18/2006 12:52:00 AM, Anonymous 作戦計画 さんのコメント…

    愚痴はこのくらいにして。

    井上の中間決算、けっこう良いみたいですね。
    復配はまだ先のようですが、通期も上方修正です(祝)

    個人的に驚いたのは、宮崎氏との合弁会社・フォレストがしっかりと機能しているらしいこと。

    宮崎氏がつぎ込んでいる資金の費用対効果を考えて、とても本気とは思えなかったのですが、私の考えすぎだったようです。

    でも、宮崎氏がこれで満足しているとはどうしても思えない。
    どこかが150円くらいでTOBでも仕掛けるのかな(笑)

    とにかく月曜日ですね。
    これで無反応なら、もうダメかもしれません。



    追伸

    井上の中間決算を読んでたら、シーズクリエイトが出てきた(名前だけですが)
    ちょっとビックリ。

     
  • At 11/18/2006 04:23:00 PM, Blogger xtakaphi さんのコメント…

    作さん>
    ただいまです!井上は‥下がる一方でしたね。しかし上方修正、月曜は期待です。これまでのパターンでいくと無反応もありえるわけですが。含み損で言うと、私の一押し、全日空も含み損です。しかし、じっと我慢、5年は待つつもりで買い増しをしていきます。
    そういえば昨日(17日)の日経の春秋欄(1面の一番下)に商品相場で成功したジョンヘンリー氏に関するコラムがありました。ご興味があれば一読を。

     

Post a Comment

<< Home