X-BLOG

The most certain way to succeed is always to try just one more time. --Thomas Edison

2007-02-06

愛ルケ

こんばんは、Xです。

渡辺淳一氏原作の映画『愛の流刑地』を観てきました。

今日は久々に昼間から妻とデートをしてきました。前から妻が観たいと言っていた”愛ルケ”を観たのですが、正直楽しい映画ではありませんでしたね。お客さんも中高年のオジサン率が高く、中にはそれっぽいカップルもちらほら。私は豊川悦司の演技が好きなので楽しみにしていたのですが、濡れ場濡れ場のオンパレードで、少々げんなり。まあ、もともと「官能小説」なので当然なのですが‥。ネタバレになるので内容は伏せますが、個人的な評価は50点位かな。しかし!エンドロールに流れる平井堅の『哀歌(エレジー)』はイイ!!映画館を出た足で、すぐにCD買っちゃいました。
妻も少々期待はずれ、と言うか思っていたのと違ったようでした。『不倫』について少し話をしていたら、妻が「自分は本妻だと自覚してない。」と爆弾発言が!!私があまり帰宅しないのでそれもあると思うのですが、「女は愛人のほうがシアワセ」だそうです。‥深いなあ、というかクリスチャンにあるまじき問題発言ですが‥(汗)今の暮らしは、私が帰宅する日を、お洒落をしたり料理を作ったりお酒を選んだりしながら待つのが楽しいとのこと。へえ、そうですか。私は妻を『愛人扱い』した記憶はないのですが、やっぱり女の心はわかりませんねえ。

1 Comments:

  • At 2/06/2007 02:33:00 AM, Anonymous 作戦計画 さんのコメント…

    アツアツですねぇ、、、

    >私が帰宅する日を、お洒落をしたり料理を作ったりお酒を選んだりしながら待つのが楽しいとのこと。

    ラブラブですなぁ。。。



    間違っても、↓こんなせつない気持ちにさせちゃダメですよ。

    >まてど暮せど来ぬひとを
    >宵待草のやるせなさ
    >こよひは月も出ぬさうな

     

Post a Comment

<< Home