X-BLOG

The most certain way to succeed is always to try just one more time. --Thomas Edison

2007-01-17

日本映画がイイ!

おはようございます、Xです。

利上げをするのか、いつするのか‥気になるところです。世界的に見て異常とも思える低金利ですから、遅かれ早かれ利上げは必死です。どうせならさっさとやってほしいと思ったりします。

突然ですが、観たい映画があります。

それは「それでも僕はやっていない」です。周防正行監督、加瀬亮主演。前評判が非常に高く、キャスティング、ストーリー設定、監督、どれをとっても期待大。個人的に裁判モノが大好き。それも各立場の人物の心情の揺れ動きが細やかに描かれている映画が好きです。まだ公開前ですので何とも言えませんが、周防監督であれば、ありきたりの裁判モノに納まる訳がありません。非常に楽しみです。

この手(?)の人間模様を裁判という場で描いたものとしては、三谷幸喜脚本の戯曲「12人の優しい日本人」があります。これも最高。中原俊監督で映画化されていますので、是非レンタルして見てください。ドンパチが一切ない、特殊メイクもCGもSFXもVFXも一切ない、こういう日本映画が大好きです。

4 Comments:

  • At 1/17/2007 11:35:00 PM, Blogger xtakaphi さんのコメント…

    今日はポジションの取り難い1日でした。せっかく利上げを織り込んでいたのに見送り報道‥。一旦心を決めたのに、また揺り動かされて、こんな時は大概、売りが優勢となります。前場はその通りになって、先物大口売りが何発もありました。昼バスも売り越しだったはずが、スルスルと上昇。ショートカバーや裁定買いが多発したようです。
    明日は日銀の政策決定会合の発表、前場は模様眺めかな。後場は玉のぶつけ合いで荒れそう。しばらくはノーポジ最強かも知れません。

     
  • At 1/18/2007 12:52:00 AM, Anonymous 作戦計画 さんのコメント…

    最強のノーポジです(笑)

    お目当てのアツギがなかなか下がってくれなくて・・・ (^^ゞ

    終値で165を割るか180を越えるかすれば、「押し目を待って」買いの方針でしたが、押し目を作ってくれません(現在5連騰中)

    いったん180を割ってくれれば喜んで買うのですが、、、

    約1ヶ月ほど170付近で固定されていたのが動き始めたので、大いに期待してます。

     
  • At 1/18/2007 01:19:00 AM, Anonymous 作戦計画 さんのコメント…

    ところで、最近の映画なら私はやはり「硫黄島からの手紙」ですね。硫黄島の戦いには以前から興味がありました。

    司令官の栗林忠道中将は軍歌のプロデューサー(?)として名を残した方ですし、ロサンゼルスオリンピックの金メダリスト・西竹一戦車隊長など、登場人物が面白くてね。
    (戦闘自体は悲惨そのものですが・・・)

     
  • At 1/21/2007 02:22:00 PM, Anonymous ホープ さんのコメント…

    お久しぶりですm(..)m ぜんぜん書き込みをしてないですが、先物メールは毎日参考にさせていただいています。
     最近FXをはじめました。いつの間にか現物、先物、そして為替と広がってしまいましたw
     「日本人」は僕も好きな邦画です。「怒れる男」のパロディですよね。パロディでもよくできた映画でした。「ジンジャエール」はうまかったww
     僕も周防の今回の映画は楽しみにしています。痴漢の冤罪事件がテーマだったと思いますが、小津のように感情を内に込めた映画・演技もたまには観てみたいですね。
     CG、VFXが映画をだめにしたという面がありますよね。この分野の技術が進歩するに比例して映画産業全体が海外問わず斜陽してきています。

     

Post a Comment

<< Home