X-BLOG

The most certain way to succeed is always to try just one more time. --Thomas Edison

2006-06-07

円借款減額は「遺憾」

こんばんは、Xです。

まずは日経先物、2号が大ピンチです。今月に入って勝ち無しの5連敗、先月から数えると8連敗です。中期トレンド重視の2号の歯車が狂っているということは、何かの変化の胎動か?!丁半博打でも8連敗はなかなか出来ることではありません(汗)コツンと底を打ち、日経上昇トレンドへの転換だと良いのですが。更に激しい下降トレンドへの移行もありうるだけに、寒気がします。2号は月間トータルでは帳尻を合わせてくると思いますが、心配です。現在はフォワードテストの意味合いで1枚固定のトレードですが、来月からは10枚固定でいきたいと思っています。

現物株は井上を除き、永年保管を決めました。そこそこの資産になっていますし、保険の名の付くものは車の自賠責保険くらいしか入っていない私にとって、株券こそ保険です。勿論、暴落や倒産のリスクはありますけど。

仕手株は‥もちろん随時募集中です(笑)井上は、私個人は白旗をあげたようなものです。一部を残して処分していきます。1年の中間点を迎え、一発逆転を待ち続けることが資金効率として宜しくない、という判断です。決して銘柄としての評価ではありませんよ。損切りした途端に上げる、というのも投資の常ですから、井上はまもなく噴き上がるかも知れません。しまったぁ、と思うでしょうが、それも含めて納得しました。ファイナルアンサーです(笑)

アクティブトレードは先物にします。現在の手法だと毎日シグナルに従って注文するだけですから、妻にやってもらおうかと企んでます。本当はオプションも組み合わせて、戦略の世界に没頭したいのですが、本業が忙しく頭を捻っている時間が余りないのが現実です。仕事の現場は誰かに任せて、オーナーとしてリタイヤするという手もあるのですが、忙しくてもやっぱり仕事が好きなんですよね。本業あっての投資です。投資のほうは数年以内に毎日100枚位の取引が目標でしょうか。その為にはシステムの精度をあげていかないと。微調整ですがメンテをして、7月から3号として運用していきます。


タイトルとは違う話が長くなりましたが、本題に。

対中円借款の凍結を解除するとの新聞記事を読みました。ご存じだとは思いますが、円借款とはODAの一環として途上国への有償資金協力です。有償とは言っても長期且つ低利ですから、援助に近いと思っています。(中国への円借款は北京五輪が行われる2008年で終了することが両国で合意済み)
昨日、年間740億円程度(前年比-20%)で凍結解除するらしいのですが、中国外務省は、

「中日関係の積極的要素だった円借款が一部の人達によって敏感な問題に仕立て上げられたのは遺憾」

とおっしゃっています(笑)そもそも対中円借款は1972年の国交正常化にあたり、対日賠償請求を放棄したことの代替補償の側面が強いのです(79年に大平さんが訪中の際に供与を表明)。中国政府にしてみれば、暗黙の賠償、ということでしょう。まともに考えると、お金を借りている側が、感謝こそすれ、文句をつけることは出来ないはず。日本からすれば途上国への応援でも、中国からすれば補償金の回収に過ぎない。ここに根深い問題があります。

毎年軍備を増強し、経済発展を遂げている中国。その中国が途上国と言えるのでしょうか?大きな矛盾として、中国は他国に経済支援をしているのです(アジアでの影響力の拡大や国連での発言権強化が目的)。他国に支援ができるほどの強大な国に、毎年とんでもない金額(血税)が使われているのです。感謝もされず、文句を言われ、日本の為政者は何をしているのでしょうね。日本はアジア外交は「マネーカード」しか持ち合わせておらず、そのカードをきっても「歴史カード」できり返され‥とほほ。真の自立はいつになったら実現されるのでしょう。

中国の商魂たくましさは目を見張るものがありますが、それ以上に日本の為政者がだらしない。5,6年前の日中友好の式典に参加した野中さん(当時自民党幹事長)が、江沢民に「閣下から賜った、日中友好を重視するとのお言葉に、日本国民一同感激しております!」と発言したらしいです。自虐的にも程があります‥。一体日本国民のどれだけの人が「感激」したのでしょうね。

そんなこんなで対中円借款は「朝貢」なんですね。そんなものは主権国家として打ち切るべきであり、そのお金を「本当の」途上国へ向けるべきです。日本も標的となっている核ミサイルの開発費をなぜ日本が援助しているのか、おかしな話です。

ODAは積極的に行うべきであり、「宇宙船地球号」の同じ乗組員同士助け合うべきです。しかし、対中円借款は次元が違う話であり、マゾな為政者によって国民の血税が浪費されるべきでないと考えます。

何だか政治色の強い記事になってしまいましたが、「アジアのリーダー」という言葉が虚しく響く今日このごろ‥でした。

2 Comments:

  • At 6/08/2006 01:03:00 AM, Anonymous 作戦計画 さんのコメント…

    >忙しくてもやっぱり仕事が好きなんですよね。本業あっての投資です。

    xさんは根っからの働き者なんですねぇ
    充実しておられる。
    攻めの姿勢が素晴らしい。

     
  • At 6/08/2006 02:13:00 AM, Anonymous けがりめ さんのコメント…

    かわいい2号が大変な状況に。バッチコイもやっと「売れ」だ「買え」だと言い出したのに連敗してます(もちろん結果追いかけてるだけ)。ふぅぅーやはりすごい動きです。それなのにそれなのに、来月からじゅうまい枚ですか? そして、ゆくゆくはひゃく枚? ・・・ ・・・。

    うちの諭吉たちも出かけて行ったきり帰ってきません。今日もちょろちょろ動いてみましたが方向が定まらなくて、英世が行き来しただけです。早く諭吉戻ってこないかな。

    ちょっと気持ちが偏りがちです。私も本業がんばらねばっ

     

Post a Comment

<< Home