X-BLOG

The most certain way to succeed is always to try just one more time. --Thomas Edison

2006-05-10

諸々

こんばんは、Xです。

日経225先物を日計りしてみました。これが大失敗。買えば下がり、売れば上がる。また、こまめにロスカットを入れたものだから、すぐにひっかかり決済、その後反転。良くある話ですが、本当に相場と相性最悪でした。最終的に200万位やられました。小幅な揉み合いは嫌いです‥というかほんとヘタクソです。今日の値動きはアナリストの講釈によると「先行き不透明感から買い控え」「円高を警戒」だそうです。昨日だって不透明感はあったし、円高だったやんか!と思ってしまいます。結果として堅調だったから、言い出せなかっただけ?まあ、アナリストの先生達は後講釈が上手です。

それから、今日はひまわり証券の日経225先物ウェブセミナーを視聴しました。システムトレードに関するもので、題して「バッチコイ・ブレイクアウト戦略(BBO)」。名前がふざけてますねぇ、完全にレイザーラモンHGを意識してます(笑)講師は”証券デリバティブ侍”こと、楽々亭柳橋氏。ひまわり証券に先物口座をお持ちの方はご存じの有名人。戦略の名前はともかく、切り口が良かったです。日経平均とCMEの連動性(?)は、経験として感じていましたが、それにダウやNASDAQまで考慮しているのです。バックテストの勝率も60%を超えていて素晴らしい。早速私もバックテストを、と思ったのですが、NYやCMEの過去の四本足が入手出来ない!どうやら有料らしいのです。結構なお値段だったのであきらめました。会員制のセミナーのようですのでロジックを紹介できませんが、先程EXCELLでシグナル発生シートを作りましたので、近日中に1号2号の仲間入りをさせたいと思います。乞うご期待。

株式は今日も静観の1日でした。井上工業は+2円の83円。後場にも85円タッチがあったのは評価出来ます。しかし数円あがるだけで売ってくる輩がいるのには呆れます。ボロ株とかいいながらわずか数円のボックスを利用して小銭稼ぎをしている。願わくば他所でやってもらいたいですね。


  『日々雑感』

割り箸がピンチらしいです。日本の割り箸のほぼ全ては中国からの輸入に頼っており、その中国が大幅な値上げを要求していましたが、どうやら輸出そのものを禁止するらしいです。理由は森林保護、とか。その中国も原材料の白樺の3割をロシアなどから輸入して加工生産しているそうです。日本人の感覚では「割り箸はタダ」なのですが、近いうちに有料になるかも知れません。そもそもナイフやフォークは洗って何度も使うのに、箸だけ使い捨てはおかしな話です。韓国のように銀の箸にしたり(だめならプラスティック)、「マイ箸」の習慣が広まる可能性がありますね。コンビニ弁当も便乗値上げか?

1 Comments:

  • At 5/10/2006 03:14:00 AM, Anonymous 作戦計画 さんのコメント…

    割り箸の話、調べてきました。

    素朴な感想。
    「値段を吊り上げたいだけじゃないの?」

    いや、なんかそんな気が・・・

    まあ、中国に環境に対する意識が出てきただけでも大きな進歩だと思います。今年1月にイタイイタイ病が発生したばかりですし(水銀入りの電池なんかもフツーに捨ててるそうです)

     

Post a Comment

<< Home