X-BLOG

The most certain way to succeed is always to try just one more time. --Thomas Edison

2006-01-12

先物投資法

こんにちは、Xです。

タイトルからいって、何か秘策でも‥と思った方ごめんなさい。下記は私のボヤキです。


日経平均先物については、寄り付きで仕掛け、大引けで手仕舞い、が私のスタイルです。投資スタイルは人それぞれで、場中にスキャルピングする方もいるでしょうし、大引けで仕掛け、寄り付きで手仕舞いする方もいます。或いはスイングする方もいるでしょう。個人個人のライフスタイルやリスクの取り方に依るでしょうが、どの方法がベストなのだろうと考えることがあります。私のスタイルだと日経平均が続伸とか続落とかいったことは、厳密には関係ありません。なぜなら日々の終値同士を結んだラインチャートを見て続伸とか続落とかになるわけですが、大引けに手仕舞う方法だと、あくまでも寄り付きから大引けまでの高低差だけが問題になってくるからです。つまりたった1日で16,000円から15,000円に暴落しようとも、寄り付きが14,990円であれば、買いで利益が出ます。始値と終値を結んだラインの傾きが右上がりなのか右下がりなのかを、寄り付き前までに予想するわけです。もっといえば、明日は陽線か陰線かを予想します。このスタイルのメリットは、朝に注文を出してしまえば、後は放置できます(放置するためのスタイルですから)。それから、オーバーナイトしませんのでNYが心配で夜も寝られない、といったこともありません。デメリットは予想の難しさです。今日と比較して明日は上げる下げる、と言った情報や予想は巷に溢れています。確度の問題はありますが、中期的な趨勢で分析しますのでかなり参考になるはずです。ところが高低差を予測するための材料って意外と少ないのです。

ふぅーっ、とため息(笑)

以前書いたかも知れませんが、最近トレードシステムを作っています。過去の値動きから収益があがる何らかの規則性を探して、それをルールとし、売買シグナルを出させるのです。後はそのシグナルに従って淡々と注文するだけ‥。日経平均先物の売買シグナルの有料配信が盛んです。これらはシステムからのシグナルだけをメールなりウェブで配信しているだけで、いちいち市場ニュース等を見て分析しているわけではありません。お金を払って試してみるのも手ですが、それでは面白くありませんので、自分で作り始めたというわけです。これをシステムトレードといい、現在の私の手法をヒューマントレードとでもいいましょうか。この2つの手法を併用したいと思っています。システムトレードでは常に1枚で始めてみようと思っています。現在は様々な仮説をもとにバックテストを行っているのですが、どうも今ひとつです。最適なルールがなかなか見つかりません。単純なOOPS(ウップス)やCBO(チャネルブレイクアウト)の方が成績が良かったりします。

取り留めがなくなってきたのでここらで。

3 Comments:

  • At 1/13/2006 01:25:00 AM, Anonymous kegarime さんのコメント…

    Xさんこんばんは
    昨日は紙にぐりぐり書きながら、Xさんの解説を読みました。今日も復習しようと思っていたら、今度はシステムトレードにもふれていて、どんどん課題が増えて、お、おもしろいです。ただ、Xさんの苦悩までに到達するにはも少し時間が必要みたいです。
    情けなさついでに質問させてください。製麻についてですが、今後の動きどう見ますか? 製麻切っちゃろうと思っていたら上がってきたので、ここは170までまとうかなあと思っています。

     
  • At 1/13/2006 01:54:00 AM, Blogger xtakaphi さんのコメント…

    kegarimeさん、こんばんは。
    製麻ホルダーなんですね。今後の動きですか?もし3ヶ月待てるのであれば、200円狙えると思いますよ。私は125円ホルダーですが、お宝株としてそっと保管してます。短期的には当然下げもあるでしょうが、大丈夫!と勝手に思ってます(笑)
    それから、本格的に動き出した製麻にとって上髭は関係ありません。

     
  • At 1/13/2006 02:02:00 AM, Anonymous kegarime さんのコメント…

    あっ早速ありがとうございます。
    しかも、チャートとの関連性も聞きたいと思っていたのです!!
    3カ月後がちょうど株初めて丸一年です。私の二十年計画の一年目、目標達成に製麻にも働いてもらいます。うひひ

     

Post a Comment

<< Home