X-BLOG

The most certain way to succeed is always to try just one more time. --Thomas Edison

2006-01-25

ブログ改良計画

こんばんは、Xです。

新着コメントをTOPページに表示しようと悪戦苦闘していました。表示がおかしいな、と思ったかたもいるかも知れません、ごめんなさい。とりあえず右のサイドバーに表示させることは成功したのですが、時系列がうまく取得出来ず、順番が狂っていますので無視してください。なるべく早く完成させたいと思います。このブログ本当に使い勝手が悪く、改善するには手作りしないといけないのが難点です。

今夜はこれから取引先の新年会(遅いですよね?)なので、これで失礼します。また夜に投稿するかも知れません。


<追記>解決策が見つかり、「新着コメント」 完成しました!

7 Comments:

  • At 1/25/2006 08:46:00 PM, Blogger kibinoyume さんのコメント…

    X様へ
    こんばんは、多忙な中ブログ更新感心しています。 
    最近のショック下げで胃が痛む事もありますが、このブログはとても良い薬になります。一日に何度も見ています。
    投資判断(6)のコメントより参加させてもらっています。
    どうぞ よろしくお願いします。

     
  • At 1/25/2006 10:03:00 PM, Anonymous まめ さんのコメント…

    信用口座やっと開設できました?
    かがり目さん一足お先っす
    ただ、一つだけ問題が・・

    保証金の30万が無いw
    さてどうした物かな・・

     
  • At 1/25/2006 10:07:00 PM, Anonymous まめ さんのコメント…

    追伸
    新着コメントとても使いやすいです
    忙しい中、苦労されたかい、
    大ありと思います

     
  • At 1/25/2006 11:51:00 PM, Blogger xtakaphi さんのコメント…

    kibinoyumeさん
    ようこそ、です。こちらの皆さんは仲間ですので、遠慮無く発言ください。
    確かオヤジ様のとこでお見かけしたような‥。皆さん、kibiさんもよろしくです。

    まめさん
    信用口座開設良かったですね。30万は‥信用デビューは慎重に^^

     
  • At 1/26/2006 12:08:00 AM, Anonymous kegarime さんのコメント…

    こんばんは
    まめさんっ 「かがり目」って・・・、一個漢字になってるし、「けがりめ」だし、くぅ。
    YahooのID取るときに、ある程度長さがあって、意味不明なものが良いと思って決めましたが、案外皆さん意味を含んだHNなんですよね。
    それにこちらで「まめさん」見た時は、「ああ、これ(失礼っ)で良いんだぁ」とぼー然としました。
    信用でも遅れを取ってしまった・・・。

    kibiさん よろしくお願いします。ん?「きびの夢」?「君の夢」?
    kibiさんおっしゃる「良い薬」全くもって同感です。前にXさんがおっしゃってた「息抜き」の重要さをしみじみ感じています。
    カーッとなって致命的な取引をしてしまわないように、心を落ち着けることができるのですねぇ。

     
  • At 1/26/2006 12:47:00 AM, Anonymous まめ さんのコメント…

    しまったー
    「かがり目」でなかった失礼しました
    最初見たとき「かげりめ」とずーっと読んでましたw
    初めて「けがりめ」と気づきましたw
    これからもよろしくです・・
    毛が離目さん




    失礼しました

     
  • At 1/26/2006 01:02:00 AM, Anonymous sakusenkeikaku さんのコメント…

    こんばんは。

    xさん、ブログはどんどんバージョンアップしてますね。本業に株に先物にブログ・・・すごすぎです!!

    ところで、昨日の自分の投稿を読み返してみたのですが・・・報告書読んでるうちに興奮しちゃいまして(汗) 文章がえらく乱れてますね(大汗)

    あれだけの持株で信用があの割合・・・M氏は全財産をIにつぎ込んでいるのかと思いましてね。余力があるならば信用の割合はもっと低いと思うのですが。

    M氏をそこまで駆り立てるものはなんだろう???


    >kibinoyumeさん

    HNは「邯鄲の夢」から取られたのですか? 歴史に詳しそうですね。よろしくお願いします。

     

Post a Comment

<< Home